初級者向 初めてのホームページ作りEX


htmlタグ辞典から検索

Html

<!DOCTYPE~>

<html>


色見本

カラーリファレンス


Head系

タイトルをつける

文字コードを示す

制作者・内容紹介・キーワードを入れる

スタイルシートやスクリプトの言語を示す

基準URLを設定する

自動的にページを読み込む


Body系

全体の文字を設定

全体の背景色

全体の背景画像


文字系

文字サイズと文字色

文字の基本サイズを指定

コメントアウト

連絡先を示す

強調する

出典(参照先)を示す

略語を表す

追加したことを示す

削除したことを示す

プログラム関連のテキストを示す

ルビをふる

テキストのスタイルを指定する

特殊文字


見出し・段落

見出しをつける

段落をつける

改行させる

センタリング

行揃えを指定する

空白や改行を表示させる

横罫線を入れる

マーク付リストを作る

番号付リストを作る

用語と説明のリストを作る


画像系

画像を張る

画像とテキスト位置関係1

画像とテキスト位置関係2


リンク系

リンクを張る

特定の位置にリンクする

リンク部分の文字色を指定

リンクした画像の枠

イメージマップを指定

リンクでメールソフトを起動


テーブル系

表の基本形

表にタイトルをつける

表の大きさを指定する

セルの大きさを指定する

セルを連結する

セルの間隔を指定する

セルの枠と内容の間隔を指定する

セル内で縦横の位置を指定する

セル内で改行を禁止する

セル内で背景色を指定する

表やセルの背景画像を指定する

表をセンタリングする

表にテキストを回り込ませる

表の回り込みを解除する

表と回り込ませたテキストの間隔を指定する


フォーム系

フォームを作る

送信ボタンを作る

リセットボタンを作る

ボタンを作る

画像でボタンを作る

1行の入力フィールドを作る

複数行の入力フィールドを作る

パスワードの入力フィールドを作る

非表示のフィールドを作る

ラジオボタンを作る

チェックボックスを作る

メニューを作る

メニューの選択肢をグループ化する

リストボックスを作る

ファイルの選択機能を付ける

項目をグループ化する

フォームの内容がメールで届くようにする


フレーム系

フレーム全体の構造を指定する

フレーム表示方法を指定する

フレーム枠の表示・非表示

フレーム枠を消す

フレーム非対応用の内容を作る

フレームターゲットを指定する

インラインフレームを設置する



CSSガイドEXHTMLタグ辞典PHPを学ぼう!

 

 

 Tip 1   Tip 2   Tip 3   Tip 4 

ドット文字を作る方法

ホームページを制作していると、タイトルバナーを作る機会も増えてきます。

特に気にしなければいいのですが、スマホや携帯向けにバナー広告を作り宣伝したい場合などは 、やはり綺麗に制作したいところです。

今回は、バナーなどの画像にドット(Dot)文字を使った文字の作成例を紹介します。

ここでは、 Excel(エクセル) と PhotShop(フォトショップ) を使って紹介します。
PhotShop をお持ちでない方は、文末のフリーソフトを検討して制作してみてください。


まず Excel(エクセル) を起動して、入力したい文字の種類とサイズで下記の図のように作ります。
文字の背景色は、白で塗りつぶし、スクリーンショットで画像を撮ってください。
文字の色は、後で簡単に塗りつぶせますので白以外なら気にすることはありません。

多くのパソコンの右上に ”PrtScr” キーが、スクリーンショットになります。
スクリーンショットが撮とれるフリーソフトウェアもありますのでそちらを使ってもよいでしょう。


Excel をスクリーンショットした画像

Excelをスクリーンショットした画像

フォトショップを起動して、「 Ctrl+N 」でファイルを新規作成します。
フォトショップでは、クリップボードにある画像サイズで新規ファイルサイズが作成できます。
次に「 Ctrl+C 」でクリップボードにある画像を新規画像にコピーします。
コピーした画像をから、再度編集しやすいように切り出したい文字の部分を下記の図のように選択します。


フォトショップで切り取りたい画像をマウスで囲み選択します。


・選択範囲を指定

選択範囲を指定

先ほどと同じように「 Ctrl+N 」と「 Ctrl+C 」を繰り返します。
すると次のような画像が制作できます。


・文字のみの画像

文字のみの画像

この画像をフォトショップの「 選択範囲(S) 」、「 色域指定(C)... 」を選択し、スポイトを白の部分にあてクリックします。
この時の許容量は適当でかまいません。
(低目が良いでしょう)
すると白い部分が選択状態となります。
そこで「 Delete 」ボタンを押すと、白い部分を削除し文字だけが残ります。
この文字の画像を使うことで、ドット文字のバナーが制作できます。
フォントやサイズを替えても大抵、綺麗に削除できるでしょう。


以下の画像は、ドット文字とそうでない文字で作成したものです。

サンプル画像

ドット文字の場合は、文字の周りのボケた感じがなくハッキリとしています。
画像は、拡大や縮小をすると文字がボケやすいのでサイズに合わせて制作するようにする ようにするとよいでしょう。


 Tip 1   Tip 2   Tip 3   Tip 4 


 

最優秀旅館・ホテル予約!

旅のるるぶ、全国テル予約!




▲UP

ex-mode.net | ツールEX | 素材EX | アフィモール | Htmlタグ辞典 | 初めてのプランター菜園 | リンク・ボード | 気のみ気のままなブログ
PHPを学ぼう! | CSSガイドEX | ホビ★コレ | 班長日記!

Copyright (C) ex-mode.net 2017 . All Rights Reserved.